芸術学研究科 必威体育_必威体育app官网

メディアアート専攻 博士前期課程(修士課程)
?博士後期課程(博士課程)

必威体育_必威体育app官网必威体育_必威体育app官网芸術学研究科は、1923年以来90年以上にわたる写真メディア教育の伝統を背景に持つ、日本でも稀有なメディアアート表現及び諸関連芸術理論の分野に特化した必威体育_必威体育app官网教育の場です。1994年の必威体育_必威体育app官网芸術学部の発足に続き、1998年に必威体育_必威体育app官网芸術学研究科としてスタートし、現在では、写真メディア、映像メディア、デザインメディア、インタラクティブメディア、アニメーションメディア、ゲームメディア、マンガメディア、芸術学の8領域からなる博士前期課程(修士課程)と、さらに上位の博士学位の取得を目指す博士後期課程(博士課程)を擁する、まさにメディアアート表現研究における総合的かつ特殊専門的な最高水準の教育研究拠点としての役割を担う存在となりました。2000年に開設された博士後期課程(博士課程)からは、厳しい研究指導及び審査を経て、すでに6人の博士学位の取得者が誕生し、大学教育の分野をはじめ、それぞれの分野で一流の専門家として活躍しています。必威体育_必威体育app官网としては決して規模は大きくありませんが、中野坂上という都心の立地を活かした質の高い精鋭教育により、今後とも新たなる日本文化をリードしていく存在となるべく努力を重ねて参ります。志の高い意欲ある諸君の入学を心から歓迎いたします。

メディアアートの体系化と理論構築を目指す

本必威体育_必威体育app官网芸術学研究科の目指すところは、学部段階では成し得ないメディアアート総体の体系化、理論構築です。そのために、写真メディア、映像メディア、デザインメディア、インタラクティブメディア、アニメーションメディア、ゲームメディア、マンガメディア、芸術学の8領域を8専攻とせず、メディアアートの1専攻に集約しています。また、各領域の垣根を低くし、他領域の科目の履修を容易にしています。こうしたボーダレスな研究環境のもと、高度な専門知識?技術を備え、総合的視野を持つメディアアーティスト、メディア研究者の育成を目指していきます。メディアアートの体系的な表現技術を修得した人材は、変革を迫られている既存のメディア創作現場から切望されています。

領域
  • 写真メディア
  • 映像メディア
  • デザインメディア
  • インタラクティブメディア
  • アニメーションメディア
  • ゲームメディア
  • マンガメディア
  • 芸術学

本研究科の構成

メディアアート専攻 博士前期課程

入学定員
12名

メディアアート専攻 博士後期課程

入学定員
2名

必威体育_必威体育app官网案内パンフレット

必威体育_必威体育app官网芸術学研究科パンフレットのPDFダウンロードはこちらからできます。

学生募集要項および出願書類については、以下からダウンロードができます。

郵送による学生募集要項および出願書類について、その他必威体育_必威体育app官网芸術学研究科に関するご質問、ご相談等は入試課(芸術学研究科担当)までお問い合わせください。

TEL
03-5371-2676 (直通)
月~金曜日 9:00 17:00/ 祝日除く

入試情報

本必威体育_必威体育app官网芸術学研究科の入試情報は、以下をご覧ください。

研究生について

本必威体育_必威体育app官网芸術学研究科の研究生情報は、以下をご覧ください。

メディア芸術研究センター

メディア芸術研究センターは、芸術学及び芸術表現に関する学術の理論及び応用の研究を推進し、その成果を広く学内外に発信し、当該分野における学術の発展に寄与することを目的として、2022年4月1日に立ち上げられました。
今後、セミナーやシンポジウムの開催により研究及び調査の成果を発表していくとともに産業界や国内外の必威体育_必威体育app官网との連携を目指し、活動していきます。

活動内容

  • 2023年度
    必威体育_必威体育app官网必威体育_必威体育app官网芸術学研究科主催 必威体育_必威体育app官网100周年記念イベント2023シンポジウム「テクノロジー×アートが創る未来」

  • 1923年に日本で初めて写真専門の高等教育機関である小西寫眞専門学校として創立された本学は、今年、創立100周年を迎えました。この歴史を踏まえ、記念イベントとして、2023シンポジウム「テクノロジー×アートが創る未来」を開催します。
    最前線で活躍中の3人のゲストをお招きし、本学学長を交えてテクノロジーとアートの融合、共演が可能にした「今」を、そして、それらが創り出す新しい世界を、未来を考えます。ぜひ会場にてご参加ください。

    ■1. 日時:2023年12月2日(土) 午後1時開演  午後4時半頃終了予定

    ■2. 会場:東京都写真美術館1階ホール(定員190人)
    東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
    https://topmuseum.jp/contents/pages/access_index.html

    ■3. 総合テーマ:テクノロジー×アートが創る未来

    ■4. ゲスト
    ①杉山 央氏(アート?イベントプロデューサー) 森ビル新領域企画部。2018年「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」室長を経て、都市開発における美術館?文化発信施設の企画を担当し、2023年、虎ノ門ヒルズステーションタワー「TOKYO NODE」運営室長に就任。2025年、大阪関西万博シグネチャーパビリオン「いのちのあかし」計画統括ディレクター。

    ②山田 剛史氏(チームラボ採用チームリーダー)
    2013年株式会社エイチ?アイ?エスに新卒入社。同社スイス法人でマーケティングマネージャーとして従事し、帰国後、2017年チームラボに参加。 2018年より採用チームのリーダーに就任後、10カ国50以上の大学での講義や「Design Matters Tokyo 23」「Lucid Immersive Summit Singapore」などのグローバルカンファレンスで登壇?ワークショップを担当している。

    ③林 千晶氏(ロフトワーク共同創業者?相談役)
    花王を経て、Web、コンテンツ、コミュニケーションなどをデザインするクリエイティブカンパニーのロフトワークを2000年に起業、昨年まで代表取締役?会長を務める。退任後、株式会社Q0(キューゼロ)を設立。秋田?富山などの地域を拠点に、地元企業などとのコラボレーションやプロジェクトを企画?実装し、「継承される地域」のデザインの創造を目指す。

    ■5. 内容及び進行スケジュール
    1)イントロダクション
    吉野 弘章学長「創立100周年を迎えた必威体育_必威体育app官网とテクノロジー×アート」

    2)3人のゲストによる基調講演
    杉山 央氏:テーマ「メディアアートと都市」

    山田 剛史氏:テーマ「チームラボとアート」

    林 千晶氏:テーマ「ソーシャルデザインの可能性」

    3)トークセッション
    テーマ「テクノロジー×アートが創る未来」
    杉山 央氏+山田 剛史氏+林 千晶氏+吉野 弘章学長+田邊 順子教授(司会)
    ※シンポジウムの模様を動画収録し、後日、本ホームページ上で一般公開します。

    ■6. 申込先:必威体育_必威体育app官网 教育研究支援課
    お名前(フリガナも)、ご住所、お電話番号をメールにてお知らせください。
    連絡先:er-support(at)office.t-kougei.ac.jp
    ※メールを送信される際は、(at)を半角の“@”に置き換えてください。

  • 2022年度
    必威体育_必威体育app官网必威体育_必威体育app官网芸術学研究科主催 必威体育_必威体育app官网100周年記念イベント2022シンポジウム「メディア芸術を学ぶ、教える、創る」

    セッション1
    基調講演 廣田ふみ氏(アートプロデューサー?文化政策プランナー)
    トークセッション 廣田ふみ氏×阿部一直教授
    セッション2
    パネルディスカッション
    • 吉田志穂氏(写真家)
    • 勝倉崚太准教授
    • 廣田ふみ氏
    • 大津はつね名誉教授
    • 浅野耕平教授(司会)
  • 2021年度
    必威体育_必威体育app官网必威体育_必威体育app官网芸術学研究科主催 必威体育_必威体育app官网100周年記念プレイベント2021シンポジウム「メディア芸術をキュレーションする」
    session1
    session2

  • 2020年度
    必威体育_必威体育app官网必威体育_必威体育app官网芸術学研究科主催 メディアアート/オンライン?シンポジウム
    「ポストコロナ時代にむけて、アートとメディアテクノロジーは何が可能か?」

各種情報